Wednesday, October 19, 2016

riding on Mars with good friends with good vibes...


Brat Style Ford van and chabott Dodge van full of off road motorbikes have arrived on a sandy wash. yoohoo

オフロードのオートバイをどっさり積み込んだブラット・スタイルのフォードヴァンとチャボのダッジヴァンが火星に到着。



shinya assigned Cheetah of 4 Dimensions Studio Tokyo the BSA B50 with road tyres on and said "we are going to ride in the deep sand and rocky road but i know you are a great rider, so you'll be ok!" and then he took the IT175 for himself.

これから砂地と岩山攻めだというのに一人だけロード仕様のタイヤはいてるBSAを振り当てられるターチー(Cheetah 4d studioのOサワ氏)。「ターチーは何でも乗れるから大丈夫」と言いながら、ご自分はバリバリオフ車のIT175をチョイスする木村氏。


 Cheetah 

ターチー(Oサワ氏)の華麗なる舞い。


 ah...Go is in his element :P

砂の上で水を得た魚となるGTカミネ氏。砂かけマンに変身。

artist Fusty of Fusty Works was assigned to MY NEW XR185(200) that is now down on the ground. hey, i haven't ridden it yet!

画家のFusty(Fusty WorksのKン・Sギハラ氏)は筆者のニュー・マスィンXR185改200を振り当てられている。そう、今地面に倒れてるやつ。筆者はまだ一度も乗ってないのにぃ~

back to our base after a long journey in the sand and rocky road.

岩ゴロとスナスナ地獄地帯の長旅から基地に戻る。


 Go wants to try every motorbikes :D

全部のオートバイを試さずにはいられないGTカミネ氏。


Go found a mortar-shaped track and goes round and round and round...

すり鉢コースを見つけたら試さずにはいられないGTカミネ氏。

 Masumi!

何に乗っても絵になるMスミ嬢。

 hey, Cheetah! you should try the XT185(200)!

ターチー(Oサワ氏)に力作XT185改200を乗ってみるように勧める木村氏。

 Go and Cheetah on the mortar-shaped track :P

すり鉢トラックを周るGTカミネ氏とターチー。

 Cheetah's having so much fun on the XR185 especially after B50 ;P

「何これ?XR楽しい!」とはしゃぐターチー(Oサワ氏)。ロード仕様のBSAで砂道岩山を走った後だから尚更。

shinya urges Masumi to try on the XR185 (200) :D

Mスミ嬢にもXR185改200を試すように強いる木村氏。



in the meanwhile, Fusty was taking a nap on the rock.

みんなが遊んでいる間、岩で爆睡する画家Fusty。

Go!

また出た砂かけマン!


 "let's race, Cheetah!"

「ターチー、レースしようぜ!」誘うGTカミネ氏。


 my XR185 (200)on the ground again!

あーまたXR185改200がーーー。

 what a demagogic gesture, Go :D

また来た、砂かけマン!

 "OK, next time!"

次回はターチーのリベンジなるか?!


back to our workshop. we had a blast in the nature with good friends.

チャボに戻る。大自然で遊んで楽しい一日だった。みんなありがとう!




Sunday, October 16, 2016

it was a long sunday...


since all the TROG activities on the beach tomorrow were cancelled, we decided to head back to Azusa from Pismo. suddenly, right after we got on the freeway, we lost the power steering in our van. the motor was still running so we took the next off ramp and pulled into the gas station to see what was going on.

明日のTROGはキャンセルになっちゃったし、アズサに戻ろうとフリーウェイの入り口に入った途端、パワステが効かなくなった。うわわわわ。でもエンジンは止まっていない。このままフリーウェイに入って次の出口で降りるしかない。そしてガスステーションのパーキングにピットイン。

the timing belt was barely there and to top it off, the entire timing belt tensioner pulley was missing. and that rang the bell because we heard a big noise on the way to get here, thought we hit something, stopped and checked but couldn't find anything. no wonder... now all we need are a new belt and a tensioner pulley kit. it wasn't too late so if we could find a AutoZone/PepBoys/O'reilly near here, this is not so miserable.

うわぁぁぁ。タイミング・ベルトがギリギリ切れる5秒前。でもそれより、テンショナー・プーリーがごっそりなくなっている!そういえば・・・来る途中にものすごい音がしたんだった。フリーウェイに落ちていた何かをヒットしちゃったのかと思ったけど、そんな跡もなく何かが壊れた感じでもなかったのでそのまま進んだけど、プーリーが落ちた音だったんだ!さてと。まだそんなに遅い時間でもないし、木村氏が「近くにパーツ屋さえあれば新しいベルトとテンショナー・キットを手に入れられるだろうから大したことはない!」と言うので、ほっとしてパーツ屋を検索。

found and called a nearby parts store and they've got everything we wanted. what we needed was a way to get there. ah, Uber? ended up calling our friend who were here for TROG and said he was gonna stay around town one more night.  he came to pick us up right away, took us to the parts store, took us back to the van and then gave a hand. what a blessing to have a great friend. thank you, Sakuma-san! 

近くのパーツ屋に電話したら、必要のものが全部あるみたい。やった!でも歩いて行ったら着いた頃にはお店が閉まってる。ウーバー(どこにでも来てくれる配車サービス)呼ぼうか。と、今日もこの辺に泊まると言っていたSクマ氏に電話をする木村氏。(知り合いの手を煩わせるのが苦手な木村氏にしては珍しい)すぐに飛んで来てくれてパーツ屋まで連れてってくれてさらに手伝ってくれるSクマ氏。あーありがたや。ほんと、甘えちゃってすみませんでした。助かりました。無事に修理完了。





 and we went straight to the Pomona swap (took a nap on the way, though), meet up with Wata there.

その足で(途中仮眠というより爆睡タイムあり)ポモナのスワップミートへ向かう。現地でWタナベ氏と落ち合う。






got back to the shop and washed off all sands and salt on the Indian :)

チャボに戻り、砂と塩にまみれたインディアンを洗う。







Saturday, October 15, 2016

TROG West, on the course...


now racers are moving on to the course.

いよいよピットからコースに移動するレーサー達。










shinya and the 1915 Indian paired up with PY's 1916 Excelsior

木村氏の15年のインディアンとPYの16年エクセルシアで走ることに。



the 1916 Excelsior won!

結果は16年のエクセルシアの勝ち!





"Thor Losers" DF and 1912 Indian single rider AT showed up on the course late for some reason.

"we are racing tomorrow, right?" 
"no race tomorrow, man!" 
"OK, then. let's race, shinya!" 
"Pete and I just competed each other!"
"WHAT?!" 

負け犬ソアーズのDFと12年のインディアン乗りのATが今頃になってコースに下りてきた。(両方ともキャノンボーラー)「俺たち走るの明日でしょ?」「は?明日はキャンセルだよ。」「え、じゃあシンヤ今からレースしようぜ!」「いや、俺たちもう走っちゃったよ」まったく人の話を聞いていない輩達、それがキャノンボーラーズ。


the Cannonballers!

とりあえず写真撮ろうよ!と能天気なキャノンボーラーズ。木村氏がこびと状態。






#22 our friend's dad :)

友達のお父さん。スタート直前なのにニンマリが止まらない。

 machine trouble is a pleasure for this guy, Go.

こちらはマシントラブルでもニンマリが止まらない、GTカミネ氏。



 "can i borrow your leather helmet, shinya?" AT and shinya swapped their head gears.

ヘルメット忘れちゃったというATに革のヘルメットを貸す木村氏。代わりにATがずっと被ってる帽子を被る木村氏。子供かっ!

"no,no, shinya. you're riding too!" so they put back their own head gear again.

「何やってんの、シンヤも走るんだぞ!」と言われて慌てて革ヘルメットを返してもらう木村氏。

"let's race three bikes!" ah...cannonball rule.

勝手に3台でレースしようと言い出すキャノンボーラー達。自分ルール上等。


:)




 "we are gonna race two Thors next!" DF said.

「次はさ、ソアー2台で競争するぜぃ!」とノリノリのDF。


wired thing was, they didn't form lines. they just come forward and appeal to the starter in order to be picked and to be able to run which the Cannonballers are good at ;P

2列に並べばいいものを、不思議なことにバーーッと横に並んで「よし、じゃ次はキミとキミ」とスターターに指された人達が走れるというナメリカンルール。つまりはグイグイと人の波を掻き分けて前に行き、さらには「はーい、はーい、はいっ!」とアピールした者勝ち。これはキャノンボーラー達の得意とするところ。グイグイ前に行くソアー2台。遠慮とかお先にどーぞとか一切なし。



 another Cannonballer, 1915 Harley-Davidson joined the two Thors.

またまたもう一台1915年のハーレーのキャノンボーラーが飛び入り参加。自由。






now what? these guys brought a super fast Indian racer. and they are trying to make it start.

今度はとっておき「すっげー速い」インディアンのレーサーを出してきたキャノンボーラー達。でもエンジンが掛からなくて四苦八苦。

 okay, now it's ready!

かなりの力任せで掛かった!



"hey, this Indian is really fast. who's the fastest Harley-Davidson here?" Alex yelled. "he is!" everyone pointed at East Coast champ #22 Walksler and his knucklehead. "okay, let's race!"

「ハーレーで一番速い人誰?このインディアンすっげー速いからさ、相手は一番速いハーレーがいいな。」と無邪気に周囲に聞きまくるキャノンボーラーA。すると皆が指差した先には東のチャンプMW氏と彼のナッコーが。いやいや、そのインディアンは速いかもしれないけどさ、さっきエンジン掛かったばっかりだしさ、東のチャンプに挑むなんてさ。もー無邪気すぎる。

 the Indian started to acting up right before the start...

スタート前にまたエンジンが掛からなくなるすっげー速いインディアン。

meanwhile, the Cannonballers are making another run. four of them this time. 1916 Excelsior, 1913 Thor, 1913 Thor, and 1915 Harley-Davidson.

そうこうしているうちにAのことを放ったらかしにして、キャノンボーラー達が走り始めた。今度は4台。もう好き放題。

the fastest knuckle has left...

しびれを切らした一番速いナッコーもGTカミネ氏と共に行ってしまった。

in a meanwhile...
a human rear traction control system for the belly tank racer, Mel the man!

そうこうしている内にTROGの首謀者Mはベリータンクのリヤタイヤのトラクション増加のために人間重りになり・・・


 so, shinya had to push Alex and the Indian.

結局押し掛け。砂の上でAとインディアンを押す木村氏。






 the end of the day.

大人達が遊び終わった後。ニヤニヤが止まらない。

shinya was super happy to sit on Go's Indian Chout and photobombing into their photos :D anyway, we simply had a great time with same minded friends. thank you Bobby, thank you TROG, thank you Oilers, and all people who had a tug to make this happen.

ちゃっかりGTカミネ氏のインディアン・チャウトに跨って皆の記念写真にフォトボムする木村氏。大人気ない・・・ とにかく、楽しかった。ただそれだけ。そして、誘ってくれたボビー、オイラーズの皆、これを実現するのに骨を折ってくれたすべてのTROGの関係者の皆に感謝。