Sunday, September 25, 2016

the grand finish...


the brave riders are starting to come in to the finish line in Carlsbad, California. this is where we all aspired for. all Cannonballers rode everyday, wrenched all night for 16 days just to get here. wow.

100歳以上のオートバイでアメリカ大陸を横断するぞ!と集まった勇敢な変の態ライダーズが続々とゴールし始めた。そう、16日前にアトランティック・シティに集まってみんなが目指したのはここカールズバッドだったんだ。毎日乗って、毎晩修理やメンテして、少しずつでも進めばどんなに長い道のりでも必ずゴールに着くんだなあ。

 #18 1913 Thor DF

一回目からずっと一緒にレースしてきた18番、今回は1913年のソアーで。



 Hedstrom mate, #43 1913 Indian DV

パワープラスになる前のヘドストロム・インディアン仲間、43番 1913年 インディアン DV

 #3 1916 BSA BC

#106 1915 Harley-Davidson PJ, #27 1916 Harley-Davidson ET, and #26 1914 Harley-Davidson TT, three trio from Germany.

ドイツ3人衆 106番 1915年ハーレー・デーヴィットソン、27番 1916年ハーレー・デーヴィットソン(息子19歳か20歳)、26番 1914年ハーレー・デーヴィットソン(お父さん)



 #25 1916 Harley-Davidson SB

 #78 1916 Indian CF

 #90 1904 Rex SN

#88 1916 Indian DW

 #52 1916 Harley-Davidson with wicker sidecar DH

 yeeha! #15 1914 British Warrick customized

 and finally shinya!! #80 1915 Indian

そして、木村氏とインディアンがキタァァァア!!!




the most impressive picture of the team 80 of the day (as far as for me) was this one. right after the grand finish in a flurry of festivity, shinya and niimie are both quietly looking at their teammate in a same way... the Indian, you did a great job!

今日撮った数ある写真の中でもっとも印象的だったのがこの一枚。ゴール直後、ワーとなってる中で木村氏とN美氏は二人ともチームメイトの1915年インディアンを静かに見つめている。ありがとう、おつかれさま。そういう気持ちで一杯。


Go and Masumi of Brat Style, Long Beach rode down here to see us finish the Cannonball. we saw many friends welcomed us in Carlsbad. thank you, all!!

ブラット・スタイル・ロングビーチのGTカミネ氏とMスミ嬢がゴールに来てくれた!ほかにもたくさん友人や知り合いの方々が出迎えてくれて、本当に嬉しかった。ありがとうございました!


 with team Toyooka from Okazai, Japan. they made many parts just for our 1915 Indian. without their time and effort, we wouldn't make it to the finish. thank you, guys!

わざわざ岡崎から駆けつけてくれたチームトヨオカと。彼らが時間と労力を惜しまず、1915年インディアンの弱点を克服するためのパーツを作ってくれたお陰で4,800km以上を走り続けることができた。本当にありがとうございました。何枚か撮ってもらった写真のすべて目をつぶっている若社長・・・


 Linda, the superwoman! 

スーパーウーマン・リンダ!

 the bravest  and inspirational woman, Cris Sommer Simmons

本当にカッコイイ、クリス・ソマー・シモンズ。


KK of Wesco Japan and Rintaro Tanaka, "inspiration" organizer/publisher/photographer, were here to celebrate with us. for some reason, boots master KK is checking shinya's old engineer boots here :D

レース・ブーツから普段の作業ブーツまで何から何までお世話になっているウェスコ・ジャパンのブーツ・マスターKワキタ氏と「インスピレーション」主催者でありフォトグラファー/パブリッシャーでもあるとにかく多才なTナカRンタロウ氏もゴールに駆けつけてくださった。なぜか木村氏のエンジニアのチェックをする職業病のKワキタ氏。


 Go of Brat Style is specialized in 30's Indian but he's interested in teens, too.

30年代のインディアンを得意とするGTカミネ氏。ティーンズのインディアンに興味津々。

 so lucky to have great friends to share the joy with.

一緒に喜んでくれる良き友を持って幸せです。右の方は今日知り合ったばかりのWタナベ氏です。



 Kiyo of Kiyo's Garage and Kat came to celebrate with us, too.

キヨズ・ガレージのKヨナガ氏とKットさんも駆けつけてくれた。すんごく嬉しい。


now heading to the farewell party...

そして、キャノンボール終わりの会へ向かう。




stage 15, Palm Desert, California to the grand finish Carlsbad, California (101 miles)...


 the last one.

最後のステージ。


hats off to #54 1913 Shaw, single cylinder, single speed.

チーム#54、1913年のシャウはシングル・シリンダー、シングル・スピード。頭が上がりません。

 Linda and shinya

スーパーウーマンLと木村氏。

 Linda and Niimie

スーパーウーマンLとN美氏。



 our oil tank cap is gone but found a perfect replacement.

チーム80番のインディアン。オイルタンクのキャップが飛んでいってしまったみたいだけど、瓶入りコーフィーの蓋がぴったり合ったので採用。

 #49 1912 Henderson FW and shinya. we've been racing together since the first Cannonball.

チーム#49 1912年 ヘンダーソン FWと木村氏。FWは一回目のキャノンボールからずっと一緒。


 #67 1915 Harley-Davidson BR. he was participating in the first Cannonball also and brought two little daughters back then. now they became two beautiful ladies, supporting his dad.

チーム67番 1915年 ハーレー・デーヴィットソン BR 彼も一回目のキャノンボールに出場、2と3はお休みして今回再び参戦。一回目の時連れてきていた小さな娘ちゃん二人はすっかりレディーになって、お父さんのサポートを務めていた。



















Mr. Texas :)  #15 1914 Warrick Mr. Mike Carson

テキサスの暴れん坊将軍MC チーム15番 1914年 ワーリック

ok, see you all at the grand finish!

いよいよスタート。ゴールで会おう!